ごはんが一瞬で美味しくなる素敵な魔法にかかった!

はじめましての方ははじめまして!
そうではない方はいつもどうも!
感情系ぶりっ子男子ブロガーのみやもとですっ!

今日はごはんの話です!
ごはん✧*。+゚.(♡∀♡)゚.+ ✧*。んまい!!

普段、何気なく食べている外食も、
奥さまやお母ちゃんが出してくる料理も、
きっとたった一言で、とっても美味しくなります。

今日はそんな「ごはんが美味しくなる魔法をかけられた」というお話。

いつもと違う食事に、いつもと違うパワー

食事って、毎日当たり前のようにすることだから、
急に普段と違う食事になると簡単に感動しちゃうんですよね!
あたしが感動屋だからかもしれませんけど?
(ノ∀`)たはは

今あたしがオネツのゲーム、
キャラバンストーリーズのゲーム内イベントで、
伊豆アニマルキングダムという動物園とのコラボが9月~10月にありました!

http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/

普通ソシャゲのコラボって、
アニメやマンガや他ゲームとが多いんですよね!
このキャラストってゲームは動物がたくさん出てくるゲームなので、
こんな突拍子もないコラボが実現しておりまする₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

※入り口の再現度が半端ないです。笑

せっかくの機会だしということで先月末、
ゲーム内のギルドのメンバーとこちらに訪れました。
楽しかった+゚.(・∀・)゚.+ (※感想が小学生)

伊豆ということであの辺りは、相模湾?相模灘?になるのかしら。
国道135号線はたくさん漁港や市場のある街道でした〜。

晩御飯でお伺いしたレストランも、
もちろん海鮮推し!(ようやく本題ですネ)

静かにオルゴール調のBGMが流れる店内で、
8人がけの正方形のテーブルを、7人で囲んで席に着くと、
まずはメニューのご説明。

「期間限定のメニューはこちら、
左上から海鮮のなんたらかんたら、
その下は名物のうんたらかんたら…
グランドメニューはちーたらちーかま……
と、なっております」

なんかもうこれだけで高級感感じちゃう小市民!笑

ちなみにこれがファミレスだったら
「メニューですどうぞー」だけだもの。
もしくは無言!笑

さらにはメニューに載ってない、
その日獲れのお魚の定食のご案内もありましたし、
「それは量はどれくらいですか?」などなどの
我々の質問にも笑顔で答えてくれましたー。

ホスピタリティが!すごい!

もし家でするような普段の食事じゃ、
メニューの説明をすること自体が稀ですよね。

なので例えば、今夜奥さんに、
「今日のトンカツはうちの庭のトマトと、
あなたの実家のキャベツが付け合わせだよ」
って言われたとすれば、ちょっと特別感が増して
「今日の付け合わせ美味ぇ!」ってなるはずです。
例えそれが、付け合わせでも!笑

普段と違う食事を摂るんだ、と思うだけで、
その場所だったり、料理そのものだったり、
それらから生じるエネルギーみたいなものが違うのを感じます。

ちなみに実際のレストランでのお食事。
男性陣は、
満場一致でおまかせ海鮮丼みたいなのを頼みました。
女性陣は、
各々ハンバーグとか肉とか頼んでた。
なんでやねん。
漁港の町だっちゅーねん。笑

料理の満足感が変わる魔法の言葉

そして、いよいよ配膳。

冒頭では「美味しくなる」と説明したのですが、
厳密に言うと「満足感が倍以上になる」という言葉。
それをあたしは店員さんに、
魔法としてかけられることになるのです〜。
(∩^o^)⊃━☆゜.* シャララン

男性陣の前に海鮮丼が並べられますが、
あたしの海鮮丼だけ遅れて届きます。
なぜかというと、
「酢飯じゃないご飯もご用意出来ます」
と言われたのでそちらで頼んだのです。

ホスピタリティが!
ホスピタリティが!!
止めどないんですが!!

そして海鮮丼がテーブルに並び終わった時に、
店員さんからこんな説明がありました。

「こちらは7種盛りで、右上から時計回りに、
ハガツオ、マダイ、なんたらかんたら〜、中トロ。
となっております。
ハガツオは、耳馴染みのないお魚かと思うのですが、
歯がこう、しっかりしている、力強い魚なんですね。

なので非常に脂のノリが良くて食べ応えがあります。
非常に足の速い魚でして、
めったに市場には出回らない、
漁場ならではの一品でございます、
ぜひご賞味下さい」とね。

はい、魔法かかりました~!!

わかります?わかります!?
もうね、もうね、
価値の付加がハンパない。

だってこれ、運ばれてから話してるのよ?

おススメするんなら、普通は売る前なのよ!
だからこの言葉、
お客さんの財布をターゲットにしてないのよ!
セールストークじゃないのよ!

だから純粋に「+価値」になるの。
ボキャブラリーの欠損を覚悟で言うけど、すごい
簡単にできることじゃない。

徹底的にお客様に満足して頂き、
また是非足を運んで頂こうっていう、
強い気持ちを感じました。うん、強い。

実はですね、正直ちょっと高かったんですよ、ここ。
小市民の晩御飯にしては。
でもね、この配膳の方の一言だけで一気に満足しちゃった。
値段の分、いいえ値段以上に。

もちろん味も最高でした。
口の中で蕩けるお刺身なんて久しぶりだったわよ(^艸^)

バッチリ術中にハマったもんで、
いつかまた行きたいって思うし、
読んでるあなたにも薦めたい…いや、マジでマジです。

【伊豆赤沢日帰り温泉館】
https://www.izuakazawa.jp/daytrip/

何気ない食事でも、一言添えるだけで彩りになるのです。

「あなたの実家のキャベツよ」と言われ、
必死に汗水流して土を耕す父親の姿と、
せっせと雑草を刈る母親の姿が浮かぶ。
気付けば月日を恨みたくなるほど老いた親たちは、
かつて「息子をお願いします」と頭を下げたことがあった。
もちろん頭を下げられたのは今の奥様。
奥様はその深々と下げられた義両親の姿を思い出し、
「大丈夫ですよ」と呟きながら、
今までの暖かい日々の喜びを噛みしめて、
目に涙を浮かべながらキャベツを刻むの。

とまぁ、
これはめちゃくちゃ大袈裟なフィクションですけど!笑
仮にここまでストーリーを添加されて出て来たキャベツが、
不味いことがあるだろうか。

いや、ない!(反語)

今回の海鮮丼で言えば、
朝獲れたばかりのハガツオで、
さらに漁港ならではの魚ですよってストーリーが添えられたことで、
「超満足!」「来てよかった!」っていう次元まで高められてるんですよね。

これはきっと、普段の生活にも応用できるスキルですよね!(`・ω・´)
利害関係抜きで、価値を付加できるのは、食事だけじゃないはずです!

トドメにサプライズ花火

そしてサプライズ!
幹事も予定を知らなかったらしいのだけど、
花火大会が突然始まったの!

もー!ちょー感動しました!

全面ガラス張りの食事処の窓から見えた、
夜空に咲く満点の光の花は、
しっかりと心の奥に刻まれた思い出の花です。

こういう感動に出会うと、
もっと感動に出会いたくなりますね~。

感動を探しながらも、
感動の方から歩み寄ってきてくれるような、
そんな豊かな人生でありたいですね。うふふ(^m^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA